白湯を飲んでガンコな便秘とお別れをしました

身体の不調の悩みはよくありますが、その中でも特に女性に多い悩みが便秘です。 ほとんどの女性が一度は便秘に悩んだことがあるでしょう。 私も便秘症でガンコな便秘に若い頃から悩まされてきました。 2~3日は当たり前、ひどいときは1週間ほど出ないこともよくありました。

そうすると身体のあちこちに不調が出てきます。 お腹が張って苦しくなり、身体も重く感じて動くのも辛くなります。 体内に不要物が蓄積されていくのですから肌にも影響が出て、肌あれを起こしやすくなります。 日常生活にも支障がでてきてしまうのです。

そこで私はこのガンコな便秘をどうにか解消しようと考え生活を見直すことにしました。 薬に頼るのは簡単ですが、根本的なものを直さないことにはまた同じことを繰り返します。 なので薬は最後の手段としてまずは食生活の改善を始めました。

最初に私が取り入れたのは白湯です。 白湯はダイエットとして飲んでいる人が多かったのですが、 身体の中を綺麗にしてくれると聞いたので、毎朝起きた後にまず一杯飲むことにしました。 2~3日続けると最初は何の味もしなかった白湯が美味しく感じるようになりました。 ほのかに甘く、身体の中に染み込んでいくような感じがして体内がきれいになる感覚です。

同時に定番のきな粉と豆乳を混ぜたものも飲み始めました。 そして朝・昼・晩と食事をきちんととることにしました。 この食事も和食をメインとして根菜や海草類・野菜など便秘によいものを率先してとるようにしたのです。

5日ほど続けた頃、効果があらわれ始めました。 朝、白湯を飲むとトイレに行きたくなるのです。 5日強続いた便秘が解消されました。 その後は毎日朝白湯を飲むか、遅くとも昼食を食べたあとには出るようになりました。 私はこの方法で、少し時間はかかりますが薬を飲まなくてもガンコな便秘とお別れすることができました。[30代・女性]

このページの先頭へ