妊娠時期の便秘解消法は「おから料理」

1人目の子供を妊娠した時にひどく便秘で苦しんだのを覚えていたので、 2人目を妊娠した時には何か便秘にならないようにと、いろいろ対策を練る事にしました。

そして、2人目の時は対処法のおかげで便秘に苦しむことがありませんでした。 その便秘の対処法が「おから料理」です。 きっかけは、おからを無料奉仕していたことからでした。 私は何も思わずにただでもらえるという言葉にすごく惹かれて、おからをもらったのですが、 最初は何に使えばいいのかさっぱり分かりませんでした。

そして、主人は「ハンバーグが食べたい」と言い出し、 私はひき肉の量を節約するためにおからを入れてハンバーグを作りました。 これがすごく好評であっという間になくなり、すごく嬉しかったです。

それ以来、料理を作るときにはおからを入れてかさましをすることにしたんです。 おからは味があまりないので、スイーツにも使えると思い、 南瓜や人参ケーキを作っておやつに食べていました。

おからを食べるようになってから、便通はよく毎日スッキリ出るように。 調べてみると、おからは栄養価が高く食物繊維も豊富で、 満腹感もありダイエット食品としては向いているのだとか。 カロリーが低く、栄養価のある食べ物だと知り、 便通がいいのはきっとおからのおかげだと思いました。

妊娠中におやつが食べたくなった時にはおからで作ったケーキをよく食べていました。 娘にも大好評で今ではすっかりおからのトリコになっていました。

産後の今でも、おから料理はいたるところで大活躍しています。 ご飯のお供におからと大根の葉をみじん切りにしたものを炒って、 しそと絡めたおからふりかけをかけて食べるのもすごく美味しくてご飯が進みます。[30代・女性]

このページの先頭へ