便秘解消には食物繊維の種類が大切

便秘解消には食物繊維です。いくら便秘薬を飲んでも出すものがなければ出ません。食物繊維は便のかさを増やす働きがあります。腸を刺激して蠕動運動を促す、腸内細菌のエサになって腸内環境をよくするなどの働きもあり、通じをよくするためにかかせない存在です。 私は普段から野菜や海藻をたくさん食べて食物繊維を多く摂ることを意識しているのですが、便秘がよくなりません。自分ではたくさん食べているつもりでも、もしかしたら不足しているのかもと思って食物繊維摂取量を増やしてみました。 レタス、トマト、きゅうりなど生で食べられる野菜は食物繊維が少ないし、生だとかさがあるのでたくさん食べられなません。小松菜、ほうれん草、春菊など色の濃い野菜は食物繊維が多いです。加熱して食べることが多く、かさが減ってたくさん食べられます。 レタスなど色の薄い野菜が多かったので、濃い色のものを多めに食べることにしました。スープ、蒸し物、炒め物などにして食べます。かさが減るからたくさん食べられます。 野菜を多く摂ることを意識したのですが、便秘はよくなりません。食物繊維は足りているはずなのに。 調べてみると、食物繊維には水溶性と不溶性があり、不溶性ばかり摂っていると便が固くなって便秘になることがあるようです。確かに、便が固くなった気がします。野菜には不溶性食物繊維が多く含まれています。不溶性ばかり摂っていたのでよくならなかったのかもしれません。 水溶性食物繊維が多く含まれる食品は、海藻や納豆、大麦、おくらなどです。野菜は少し食べる量を減らして、海藻を多く食べるようにしました。わかめ、ひじきをよく食べています。すると、柔らかくスルッと出ました。今までとは全然スッキリ感が違います。食物繊維の量ではなく、性質が大切だったみたいです。

このページの先頭へ